労務管理

増員よりも優先的に検討したい人事労務管理システム導入

事業拡大に伴い大幅なスタッフ増員を行うと、その分受注できる業務が増えて会社の利益を向上させることができます。一方、増加したスタッフの分だけ、人事や労務管理関連の仕事量も増え、管理職ポジションの社員や人事スタッフの負担も大きくなるでしょう。
これを軽減すべく人事部でも増員すれば、それは、利益を生まない業務に従事するスタッフを増やすことになり、営利企業としては望ましいソリューションとは言えません。そこで、第一選択肢として、人を増やすのではなく、人事や労務管理業務の方を効率化してボリュームを減らす対策を考えたいところです。人事労務管理システムを導入すれば、見事にこの対策を実行できるため、前向きに検討してはいかがでしょうか。
システム導入とは、すなわち電子化です。従来、様々な書式類を使って処理していた手続きをシステム内で電子的に処理する方法に変えることで、紙を使う手順特有の作業が激減します。印刷、捺印、写しの保存、ファイリング、差し戻し、二重線に訂正印の文書修正などです。また、書類が物理的に行き来する時間もなくせるため、手続きはよりスピーディになり、単位時間当たりの処理量も増やせます。業務効率化に貢献するところ大のシステムですので、是非活用するといいでしょう。

更新情報

ニュース一覧